明石の介護施設。うみのほし

うみのほし大久保 通所介護、居住介護、ショートステイなどの介護サービスを中心とした、明石市の介護施設

採用情報

やればやるほど、「もっとしてあげたい」そう感じるお仕事です

介護の仕事は肉体的にも精神的にも“しんどい”仕事です。しかし人の喜びや悲しみとともにある仕事です。
やればやるほど「もっとしてあげたい」そう感じる仕事です。
介護の現場では「してあげる」は禁句です。私たちの基本は自立支援です。ご利用者様と職員は同じ方向に進んで行くことが基本だからです。
しかし、だからといって「してあげたい」気持ちを否定することはないと思います。
ただし、「してあげたい」の気持ちだけが前に出るとご利用者様のプライドや尊厳を傷つけてしまうことがあります。
「してあげたい」と同時に大事なのが「(相手を)知りたい」と思う気持ちです。
相手を良く知れば何が必要かは自ずと見えてきます。私たちが求める人材は「してあげたい」に代表される優しさ、思いやりのある人です。また「(相手を)知りたい」に代表される聞き上手、
決め付けたりレッテルを貼らない、相手の良いところを探そうとする、そういう態度を身に付けた人です。

求人の受付、採用試験(面接のみ)は随時行っておりますので、
詳細はお気軽にお問い合わせください。

人事担当

信頼 お祭り 情熱・真心

廣瀬 再平

廣瀬 再平

人事担当

プロフィール
うみのほし2010年入職
神戸医療福祉専門学校卒
特養・老健等で介護職を勤務
私は介護保険制度が施行された2000年に介護の業界に足を踏み入れ、特別養護老人ホーム、老人保健施設を経て、蠅Δ澆里曚靴貌職致しました。最初はグループホームのケアマネージャーの職を経験させて頂き、数年後にはステップアップとして管理者を任せられました。日々様々な問題にぶつかる事も多かったですが、会社から信頼されて仕事を任せられていると感じ、やりがいをすごく感じて仕事をしてきました。うみのほしは非常に自由な社風が流れています。また株式会社ではありますが、『ザ・福祉』と言うような一本筋が通った経営陣がいます。やりたい事を実現するにはうみのほしだと転職して感じました。職員には非常に個性的な職員も多く、私もお祭り騒ぎが大好きで、職員とともに、仕事、余暇活動に至るまで楽しく。いいチームワークを築けたらと考えています。人材不足が課題の介護業界ですが、昨年から人事の担当をさせて頂いております。うみのほしが、職員に求めることは情熱と真心です。初心者も大歓迎です。初心者から働いている人も多いです。経験のある方もぜひ『介護』を感じるうみのほしにドンドン応募して頂き、一緒に汗を流しましょう。お待ちしております。
初任者研修・実務者研修取得サポート開始
最新求人情報!! 

明石市で介護施設をお探しの方は、「うみのほし」へお問い合わせください。