明石の介護施設。うみのほし

うみのほし大久保 通所介護、居住介護、ショートステイなどの介護サービスを中心とした、明石市の介護施設

グループホーム

じぶんらしく生活できる生活空間をつくりあげます。

  • アットホーム
  • 認知症の方への生活支援
  • 役割
  • 「自分でする」という意識付け
グループホーム料理風景

入居者の能力に応じてそれぞれが料理や掃除などの役割を分担しながら、自力した生活を送ります。 ご家族の皆様が「おばあちゃんに会いにいってくる!」
そんな風にお越しいただける『家』にしたいと考えております。

グループホーム概要

入居可能な方
  1. 原則として明石市に住民票があり、介護保険で「要支援2」または
    「要介護認定」を受けている方
  2. 「認知症」と診断された方
申し込み方法 まずはお電話ください。入居の可否は入居判定会議にて決定致します。 電話番号078-935-6789 メールでのお問い合わせはこちら

グループホーム相談員

相談 資格 縁

市川 敦

市川 敦

プロフィール
介護経験7年目
介護福祉士
7年前、それまで働いていた仕事に限界を感じ、介護の資格を取って介護の世界に入ろうと思い、小学校からの友人に相談したことがきっかけでうみのほしに入職することになりました。友人から介護の業界で働くには、『真面目で』『忍耐強く』『優しい』ことが求められるという言葉を聴いて自信を持ちましたが、初めは大変な仕事だなと感じました。今は認知症介護にやりがいを感じています。ご利用者が楽しめるように行事の旅行や納涼祭が成功するように色々考えるのは楽しくもあります。また、会社内では介護福祉士を取得しし、今はリーダー的な仕事もさせてもらっています。プライベートでは会社の縁で結婚もしました。うみのほしにはたくさんの縁を感じています。ご利用者様との縁をもっと強くして楽しい毎日をこれからも過ごしたいと思います。

グループホーム 1日の流れ

グループホーム1日の流れ:時間割

起床→朝食→掃除

布団片付け中

布団の片付けから掃除まで日常生活で行ってきた事を自分で行っていただきます。 介護スタッフが常に一緒に行動するので安心です。

介護スタッフが常に一緒に行動いたします

朝食の風景

みんなで
朝食をとります。

掃除中の風景

掃除なども自分で行うという事に意味があります。

昼食

おいしい昼食をみんなで!

昼食も自分で作る。という事を意識していただいております。
スタッフが一緒に調理を行いますので、火の消し忘れや調味料の入れすぎなども無く安心です。

人の記憶は必ず何かに紐付いております。
紐付いた何かを探すことが私たちの仕事だと思っております。

入浴→自分時間

日常動作を行っていただきます

おしゃべり、洗濯物の取り入れ、各種レクリエーションをおこないます。
イベントや外出支援も行っております。

おやつ→夕食の支度→夕食→自由時間→就寝

日常動作を行っていただきます

一人で過ごしたい場合は個室で。
みんなと一緒に居たい時はレクリエーションルームで。各々思い思いに過ごしていただけます。

料金表

  サービス単位 自己負担額(1割)
要支援2 743単位/日 763円
要介護1 747単位/日 767円
要介護2 782単位/日 803円
要介護3 806単位/日 827円
要介護4 822単位/日 844円
要介護5 838単位/日 860円
処遇改善加算 総合単位数×10.27円×11.1% 総合単位数×10.27円×11.1%
医療連携強化加算 39単位/日 40円
食事代 - 1,330円/日
家賃 - 50,000円/月
共益費 - 8,000円/月
水光熱費 - 11,000円/月
敷金 - 330,000円

※自己負担額は1割です。
※介護費用は加算状況により若干変化します。

「うみのほし」が思う認知症に対する考え方

明石市で介護施設をお探しの方は、「うみのほし」へお問い合わせください。